中部事務機株式会社

お問い合わせはお気軽に

058-251-7191

お問い合わせフォーム

Vol.11 安全と信頼を脅かす!?WebサイトSSL化の重要性

Google Chromeが2018年7月、Fire Foxは10月23日、Apple製品は今秋。

これは『SSL化されていない場合、Webサイトの安全性を疑う警告表示が出る時期』です。
SSL化とは、ざっくり言うとWebサイトとの通信を暗号化することです。
SSL化していないと、ウェブ閲覧時アドレスバーに「保護されていません」と表示されるようになります。

さらに、Googleがhttpsを検索ランキングの要素にすると発表しました。
検索結果ランキングで、https対応サイトが優位になるのです。

例えば、何かわからないことがあって検索エンジンで単語を入力して調べるとします。
なんとなく、出てきた順番に上から内容を確認しますよね。
この「なんとなく出てきた順にクリックしちゃう」が重要です。
検索結果が上に出ると、自社の情報を配信できるチャンスが増しますね。

ということは・・・ 
■サイトの信頼性の低下=ブランドの低下 
■検索エンジンの表示順位低下=認知度の低下
も起こりうるのです。

セキュリティ対策が厳重化している今、SSL化しているかしていないかは企業の信用に繋がるくらい重要です。
通信の内容は簡単に見ることができてしまうんですよ。
知識がある人なら、なおさらです。

それに、Webサイトを見ようとしたのに「この接続は安全ではありません」なんて警告されたら、見ることをためらってしまいますよね。

「御社はセキュリティ対策していないのですか?」なんて質問を受けてしまうかも・・・
せっかくのビジネスチャンスを逃してしまうかも・・・

そんな後悔をする前に、できることがあります。
それは『Webサイト全体を安全な状態にする=常時SSL化する』こと。

どうやってSSL化するのか?
想定される作業は以下のとおりです。

1・SSL化に必要なSSLサーバー証明書を購入し設定
2・コンテンツのHTML・CSSのソースコードなどをSSL化用に編集する
3・コンテンツが正しく表示できるかチェックし、できなければ修正する

「・・・・・・・」

なんだか難しそうだなと思われた方。
お任せください。

その作業、中部事務機がおこないます。

「手間だなぁ。そんなことしなくても別にいいんじゃないの?」と思われた方。

個人情報を扱っている以上、私たちはセキュリティを気にしなければならないのです。
SSL化することで、アドレスバーに鍵マークがつきます。
この鍵マークこそ!!安全・信頼のカギになるのです。

ちょっと複雑な、この『WebサイトSSL化』。
中部事務機にご相談ください!
一緒に対策をすすめていきましょう☆

TOP